公務員保育士の勤務時間と休日

公務員保育士TOP >> ここは押さえよう >> 公務員保育士の勤務時間と休日

公務員保育士の勤務時間と休日

公立の保育園での公務員保育士の勤務時間はどの様な仕組みになっているのでしょうか。公務員保育士の勤務時間は、1日8時間とされています。午前8時から午後8時頃までが目安となります。ただ、私立ほどではありませんが保護者が子供を預ける際のニーズに応えるために、公立の保育園であっても延長保育を行うようになっているケースもあります。そういった時間帯に対応するためもあり、保育士の勤務時間は8時間を基本としてシフトを組むという仕組みになっています。公立保育園のシフトの一般的なものは、早番が午前7時から午後4時まで、中番は午前8時半から午後5時半までとなっています。遅番になると午前10時から午後7時までが勤務時間です。

保護者のニーズに合わせて保育時間を延長している公立の保育園も多くなっていますが、それに対応するために、保育士のシフトも変わってくるということです。保育時間を長くすることにより、朝の早い時間帯や夕方以降の遅い時間を正職員だけで対応するということが難しいという園も存在するものです。そういった部分はパートの職員に補ってもらうという園も少なくありません。

また、土曜日に預かって欲しいという要望も増えてきていることから、公立の園であっても土曜日に保育を行うところが増加してきています。土曜日の保育時間はそれぞれの自治体によっても異なりますが、半日のみのケースもありますし、平日同様に朝から夕方まで行うという園もあります。土曜日は平日に比べて預かる子供の数も少ないので、ローテーションでの出勤となることが多いです。

公立であれば、公務員という位置づけとなるので週休二日制が基本となっています。もし土曜日に出勤をした場合には、平日のどこかが休みとなるでしょう。さらに、勤務時間外の仕事はないのかという点が気になるかもしれません。公立保育園なら、通常は勤務時間外の残業はありません。ただ、実際に働くとなると子供の保育だけが業務内容ではないのです。月案や週案、日案などの保育計画を作成しなければなりませんし、行事の前はその準備に追われることになります。こうした仕事を、子供を預かりながらすることは難しいために、勤務時間外に行うことになることも少なくないことも、知っておく必要があります。公務員保育士であれば有給などといった福利厚生もしっかりしていることがあるため、長年勤めていきたいという保育士にはうってつけの職場ではないでしょうか。

保育士に人気の転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 転職エージェントランキングをチェック!


Copyright (C) 2017 公務員保育士の求人.com All Rights Reserved.