公務員保育士になる年齢制限はある?

公務員保育士TOP >> ここは押さえよう >> 公務員保育士になる年齢制限はある?

公務員保育士になる年齢制限はある?

一般的には、保育士試験を受ける際にも、保育士として登録するとしても何歳まででなければいけないということはありません。保育士の資格を得ようとするなら、何歳であっても学び挑戦する機会はあるのです。保育士を専門とする学部や学科を卒業していないとしても、通信講座でも勉強し受験資格を得ることが可能ですし、保育士試験を受験することができるでしょう。年齢を問わず、通信講座を通して保育理論等を勉強しながら、ピアノなどのレッスンを受けて実技面も磨くなどを行うことも不可能ではなく、保育士になることを新たな目標とすることも一案なのです。

とは言え、資格を無事取得できたとしても、もし保育士としてフルタイム勤務をしたいと考えた時には、年齢面でのボーダーラインがあることを意識することもあるかもしれません。それは、正職員の募集があるのは20代半ばまでというのが多いからです。30歳を超えるとなると難しくなってくるというのが現状ということです。それに、保育士の仕事は肉体労働であることから、平均年齢は35歳ほどとなっています。そういったことからも、年齢を重ねていくとどうしても厳しくなってくることが考えられるのです。

公立の保育園で働く公務員保育士の場合は、自治体で実施される採用試験を突破しなければいけません。受験資格については、年齢制限があるケースがあります。その年齢は30歳とされていることが多いのですが、自治体によって変わってくるため、あらかじめ確認をすることが大事です。

また、既に資格があり公立保育園で働きたいと考えても、その自治体によって年齢制限が設けられているケースがあります。その年齢制限に該当してしまうと、例え保育士資格がある方であっても応募することはできません。なぜ年齢制限が設けられているのかと言うと、それはキャリア形成などを図ることも目的とされているからと考えられます。要するに、保育園の中枢を今後担っていけるような保育士を育成したいからということです。公立の保育園の場合は、私立に比べても年齢制限が厳しく、20代半ばまでとされていることも少なくないのです。

その他にも、体力面も年齢制限がある理由となっています。保育士は子供と遊ぶこともありますし、重いものを持つこともあるなど、とても体力が必要となってきます。ただ、30代となるとどうしても体力も衰えてくるものなので、採用に関して年齢制限が設けられることがあるのです。

保育士に人気の転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 転職エージェントランキングをチェック!


Copyright (C) 2017 公務員保育士の求人.com All Rights Reserved.