公務員保育士の臨時職員求人

公務員保育士TOP >> 転職の基礎 >> 公務員保育士の臨時職員求人

公務員保育士の臨時職員求人

公立保育園の臨時職員の場合は、保育士資格があることを前提として自治体で募集されることがあります。試験というのはありませんが、書類審査や面接を受けることで、各保育園に配属となるケースもあるのです。広報誌に募集が掲載されることもあるでしょう。千葉県成田市の平成28年度の例で言うと、公立保育園の非常勤職員募集として成田市のホームページに求人が掲載されています。資格については、保育士資格を持っていて心身共に健康であることという記載があります。時給は1,220円であり、ボーナスは約1か月分ずつを年に2回支給されます。通勤手当は車や自転車、バイクなら片道2キロ以上での支給となり、日額100円から500円までとなっています。公共交通機関なら1か月間の実費相当額が支払われます。勤務時間は午前8時半から午後5時までであり、平成28年4月1日から平成29年3月31日までが勤務期間です。

千葉県船橋市では、保育補助職員としての募集もあります。資格に関しては不問となっていて、公立保育園においての保育補助業務が仕事内容です。月曜日から金曜日まで、午前11時から午後3時までが勤務時間であり、時給900円、交通費も全額支給となっています。65歳まで更新となる可能性もある点が特徴です。有給休暇は採用された月より月に1度程度取得可能です。

また、公立保育園の臨時職員は求人サイトにおいても探すことができます。例えば、名古屋市立となっている保育園の求人もあります。時給が1030円から1230円であり、勤務時間はシフト制となっています。午前8時半から午後5時15分まで、午前7時半から午後4時15分まで、午前9時半から午後6時15分までの3種類あります。延長保育を行っている園では午前10時45分から午後7時半までというシフトもあります。応募資格は保育士資格を所有している方となっています。

奈良県生駒市の求人は、月給が166,100円から166,100円です。2.15ヶ月分のボーナスの年2回出る点もポイントです。勤務時間は午前7時から午後7時半まで(基本勤務は午前8時半から午後5時までであり、早出の午前7時からと遅出の午後7時半までのシフト制)となっていて、日曜日と祝日が休日です。土曜出勤については、月に1度出勤があります。その分は平日に振替となります。駅から徒歩5分という距離ですし、マイカー通勤も可能なので、通勤には便利な環境となっているのです。給食費については、月額で5,600円が必要です。

保育士に人気の転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ★★★★★ 詳細


 ⇒⇒ 転職エージェントランキングをチェック!


Copyright (C) 2017 公務員保育士の求人.com All Rights Reserved.